学校紹介

確かな学力、豊かな心、健やかな体

BCA土曜学校では幼稚園から高校まで、「確かな学力」「豊かな心」「健やかな体」をもって、未来へ力強く生きる国際社会人の育成を目標としています。21世紀型参加学習を実践し、少人数制で一人一人を大切に、長く楽しく日本語を学習する教育の場を地域に提供します。

授業では“読む・書く・聞く・話す”の 4 領域を高める日本語教育に力を入れており、幼稚部・小学部の学習は、国語と算数だけでなく、日本の音楽、茶道、給食(食育)の時間があり、運動会や春祭りを始め、季節の行事などの体験学習も豊富です。更に、放課後には宿題学習ひろば、アート、ダンス、サッカーなどのクラブ活動も充実しています。

中学・高校部では、国語、数学、SAT対策、小論文、英語エッセイなどから、受講科目を選択でき、卒業生は日米の大学へ進学していきます。
日本語による教科学習や日本的な学校行事を通して、日本語と英語の両方を身につけた、これからの世界をリードしていく感受性豊かな国際人の育成を目指しております。
クラスは少人数編成、丁寧できめ細かな指導をしています。

  • ★ 基本の徹底+教科書指導+応用練成が組み込まれた授業
  • ★ 少人数制でひとりひとりが楽しめて参加できる授業形態
  • ★ 指導技能だけでなく人間性も重視して選考された優れた講師陣
  • ★ 卒業生たちが現地・日本の大学へ進学・活躍中。長年の実績と結果

BCAディレクター清水 楡華先生の連載「プロに聞こう: アメリカの教育事情

2018年度 BCA土曜学校概要

授業時間
幼稚部・小学1年生:8時45分~1時
小学2~6年生:8時45分~1時30分
中高部【科目選択制】:8時50分~1時20分
授業料(月謝)

幼稚部・小学1年生:$220 *授業日数1カ月4回の場合

小学2~6年生:$240 *授業日数1カ月4回の場合

中高部【科目選択制】: 授業日数1カ月4回の場合

  1クラス$100
  2クラス$160
  3クラス$210
  4クラス以上$240

*登録料 100ドルを頂いております (non refundable)
*食育を兼ねた給食を毎週、提供しています。

学年
幼稚部(年中・年長)、小学1年、2年、3年、4年、5年、6年、中学・高校生
科目
幼稚部(国語、算数、音楽、知能開発、生活科、食育)
小学部(国語、算数、音楽、茶道、食育)
中高部【科目選択制】(数学、AlgebraⅠ~Calculus、国語、小論文、英語、SAT、Essay)
年間行事 (予定)

幼稚部/小学部: 入学式/始業式、授業参観、クラス懇談会、夏季作品展、保護者懇談会、運動会、冬の音楽会、春祭り、終業/卒業式

中高部: 授業参観、保護者懇談会

授業の様子 土曜学校ブログをご覧ください。

*新年度は4月から始まりますが、入学は随時受け付けています。 

(申し込みは先着順とし、定員に達し次第締め切ります)

 

卒業生の声

明子・ジョンソンさん 私はアメリカで生まれ育ち、高校を卒業した後は日本の大学(ICU国際基督教大学)に進学、現在は東京で生活しています。「どこで日本語を習ったの?」とよく聞かれますが、私はBCA土曜学校に通っただけ。それでも早稲田大学、上智大学、ICUに合格することができました。

土曜学校に入学したのは小学1年の時です。私はそこで日本語の楽しさを知りました。授業で印象に残っているのは、国語の「伝記」です。豊臣秀吉や二宮金次郎の伝記を読み、人物の魅力、生き方から学んだことなどを作文にし、クラスで発表しました。とても面白かったです。

土曜学校を卒業する時、担任の先生が「日本語での読書をずっと続けて下さいね」と言いました。私はその言葉に感謝しています。母親は日本の本を買い、私のために難しい漢字にふりがなをふってくれました。そのおかげで、村上春樹、山崎豊子などの長編小説を夢

中になって読みました。大学入試に必要な小論文の論理的思考力、表現力が知らず知らずのうちについたのだと思います。

アメリカ人は自分のアイデンティティーについてよく考えます。私は自分のルーツである日本語と日本文化を身に付け、アメリカでも世界のどこへ行っても、堂々と自信を持って生きていこうと思います。